2010年12月14日

病院の医師が行う代表的な痛風治療

痛風は、誰でもかかる可能性がある生活習慣病なので、痛風の治療法についても、頭に入れておく必要があるでしょう。

痛風の発作が最初に起きたときの応急処置は、まず痛む患部を冷やし、安静にします。痛いからと言って、患部をマッサージなど絶対にしてはいけません。痛みどめを服用するときは、アスピリン系の薬は痛みをひどくすることがあるので、避けた方が良いでしょう。痛風の発作が起きたら、絶対に禁酒です。

痛風治療は、医師のもとで的確に行うことです。痛風の症状が出たときは、すみやかに病院を受診して下さい。病院の医師が行う代表的な痛風治療の方法は、まず痛みを抑えることです。消炎鎮痛剤などと呼ばれる非ステロイド系の炎症薬で、短期間に多めの薬を服用する短期衝撃療法という治療がされることもあります。副作用があるとされるコルヒチンも、痛風の初期であれば有効です。発作がひどくなるまでは、使われる事があります。症状の重症な痛風の治療には、副腎皮質ステロイド薬が使われます。内服や静脈注射で投与し、良く効きますが、一般の痛風治療には使われません。

痛風の発作である関節炎がおさまったら、あとは尿酸を下げる尿酸コントロール薬を服用して、根気よく治療を続けていくことになります。一度かかると完全には治らないと言われる痛風。日頃から痛風の予防に努めることが最も肝要です。
posted by りりい at 16:00| Comment(0) | 痛風の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。