2010年12月27日

痛風を治療する際に使用される薬

痛風の薬は、初期の痛風発作に使うものと、その後、痛風の症状が落ち着いたあとに使うもの、2種類に分けて考えられます。

まず、痛風発作の際には、できるだけ迅速に辛い痛みを止めるため、鎮痛消炎剤が用いられます。非ステロイド性抗炎症剤は、痛風の痛みを緩和する薬です。痛風発作の状態がひどい場合には、症状や状況に応じて、副腎皮質ステロイドが投与されます。注射による投与で、強い効き目があります。

この時点では、痛みを止めることが先決で、痛風治療薬は使われません。痛風薬を服用することによって、痛風関節炎の発作が悪化することが懸念されるからです。

痛風発作がおさまったあとで処方される痛風の薬が、痛風の予防薬です。これには、大きく分けて2種類あり、尿酸の産生を抑えて、尿酸値を下げる尿酸産生阻害薬は、尿酸産生過剰型の高尿酸血症の患者に対して処方されます。また、尿酸排泄促進薬は、排尿による尿酸の排泄を促進して、血液中の尿酸濃度を低下させる薬で、作用尿酸排泄低下型の高尿酸血症の患者に対して処方されます。尿酸値を下げる働きとは別に、尿中の尿酸を溶けやすくして尿路結石を予防する薬を飲むこともあります。

痛風は薬だけで治す病気ではありません。生活習慣を改め、痛風の食事療法を取り入れながら、根気よく治療に取り組むことが大切です。
posted by りりい at 10:00| Comment(0) | 痛風の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。