2010年12月27日

痛風の食事療法にはコーヒー?

痛風がコーヒーを飲むことで発症リスクが低くなる、という研究結果が発表されて話題となりました。もしかして、コーヒーで痛風の食事療法ができる?

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の Hyon K. Choi博士らのグループが、男性医療従事者を対象に行った12年間の追跡調査の結果、コーヒーを毎日4杯以上飲む人たちは、全くコーヒーを飲まない人たちに比べて、痛風の発症リスクが40%も下がることがわかったというものです。

痛風がコーヒーに影響を受けるのは何故か、その理由は明らかになっていませんが、コーヒーに含まれる、フェノールクロロゲン酸という強力な抗酸化物質の働きや、コーヒーにある血液中の尿酸値やインスリンを下げる働きが関係があるのでは、と言われています。

また、コーヒーに多く含まれるカフェインは、同じカフェインを含む紅茶などを飲んでも痛風の発生リスクには関係しないことや、カフェインレスコーヒーを飲んでいる人たちにも痛風の発症率が低いことから、カフェインは痛風の症状には関係していないと考えられるそうです。

ボストン大学とハーバード・メディカルスクールによる9万人の女性看護師の食習慣と健康状態について、26年間追跡調査した結果も発表されていて、女性にも同じ傾向があることがわかっています。痛風とコーヒーの関係は、これからもっと詳しく明らかにされていくかも知れませんね。
posted by りりい at 10:00| Comment(0) | 痛風と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。