2010年12月29日

痛風の食事療法に効果的なレシピ?

痛風の食事療法に効果的なレシピの基本は、尿酸値を下げて、尿酸を排出しやすくするメニューです。主食を少し減らし目にして、おかずの品目を増やして、全体的にバランス良く色々なものを食べられるよう主采、副采と汁ものに工夫したいですね。

主食は玄米ごはんや雑穀米のご飯、五目御飯なども良いと思います。副采は野菜をたっぷり取れるように、カロリーのできるだけ低いものを上手に取り入れて考えたいものです。食物繊維と、良質のたんぱく質をしっかり取れるレシピを工夫しましょう。

痛風のレシピを考えるときに忘れられないのが、プリン体の存在です。プリン体の多い食材はできるだけ避け、プリン体の含有量の少ないものを積極的に取り入れるようにしましょう。豚肉の生姜焼きや豆腐のコロッケ、里芋の煮物や五目きんぴらなど、和食は低カロリーの上、必要な栄養素を取りやすいので痛風のレシピとしても理想的だと思います。

具だくさんのお味噌汁なども良いですが、ダシをとる煮干しやカツオ節にもプリン体が多く含まれていますので使用するときは気をつけて下さい。また、痛風の食事療法レシピは、腎臓に負担をかけてしまわないように、塩分を控えめに、というのが基本となります。調味料や食材の工夫などで、上手に減塩できるようにして下さい。
posted by りりい at 18:00| Comment(0) | 痛風と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。