2010年12月29日

痛風の食事療法に効果的なレシピ?

痛風の食事療法に効果的なレシピの基本は、尿酸値を下げて、尿酸を排出しやすくするメニューです。主食を少し減らし目にして、おかずの品目を増やして、全体的にバランス良く色々なものを食べられるよう主采、副采と汁ものに工夫したいですね。

主食は玄米ごはんや雑穀米のご飯、五目御飯なども良いと思います。副采は野菜をたっぷり取れるように、カロリーのできるだけ低いものを上手に取り入れて考えたいものです。食物繊維と、良質のたんぱく質をしっかり取れるレシピを工夫しましょう。

痛風のレシピを考えるときに忘れられないのが、プリン体の存在です。プリン体の多い食材はできるだけ避け、プリン体の含有量の少ないものを積極的に取り入れるようにしましょう。豚肉の生姜焼きや豆腐のコロッケ、里芋の煮物や五目きんぴらなど、和食は低カロリーの上、必要な栄養素を取りやすいので痛風のレシピとしても理想的だと思います。

具だくさんのお味噌汁なども良いですが、ダシをとる煮干しやカツオ節にもプリン体が多く含まれていますので使用するときは気をつけて下さい。また、痛風の食事療法レシピは、腎臓に負担をかけてしまわないように、塩分を控えめに、というのが基本となります。調味料や食材の工夫などで、上手に減塩できるようにして下さい。
posted by りりい at 18:00| Comment(0) | 痛風と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

痛風の食事療法では納豆は禁物?

痛風の食事療法では「痛風に納豆は禁物」といった情報があり、納豆を食生活から締め出している人もいるかもしれませんね。本当に納豆が痛風に悪い食品なのかどうか、意見の分かれるところではあるようです。

痛風に納豆が良くないと言われるのは、プリン体の含有量が多いからです。納豆だけではなく、大豆じたいがプリン体を多く含む食品だと言う事です。大豆にプリン体が多いということで、その加工食品も良くないと言われます。豆腐やゆで大豆なども同じです。

しかし、プリン体の含有量を考えると、大豆よりも多い食品がたくさんあり、それらと比較すると、納豆や豆腐に含まれるプリン体は、それほど神経質にならなくても良い量なのではないかと思われます。

プリン体を多く含む食品の上位ランキングでは、納豆は19位、ゆで大豆が24位、豆腐は29位となっていますが、豆腐は白米やほうれん草、えのきだけなどより100gに含まれるプリン体は少ないのです。1位の煮干し746mgに対して、納豆の含有量は114mgと、約7分の1。こうしてみると、食べ過ぎに気をつけさえすれば、さほど神経質に避けなくても大丈夫ということがわかると思います。

ひとつひとつの食品にこだわるのではなく、バランス良く色々なものを食べること、食べ過ぎに気をつけることが痛風の食事療法では大切です。

posted by りりい at 08:00| Comment(0) | 痛風と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

痛風の食事療法にはコーヒー?

痛風がコーヒーを飲むことで発症リスクが低くなる、という研究結果が発表されて話題となりました。もしかして、コーヒーで痛風の食事療法ができる?

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の Hyon K. Choi博士らのグループが、男性医療従事者を対象に行った12年間の追跡調査の結果、コーヒーを毎日4杯以上飲む人たちは、全くコーヒーを飲まない人たちに比べて、痛風の発症リスクが40%も下がることがわかったというものです。

痛風がコーヒーに影響を受けるのは何故か、その理由は明らかになっていませんが、コーヒーに含まれる、フェノールクロロゲン酸という強力な抗酸化物質の働きや、コーヒーにある血液中の尿酸値やインスリンを下げる働きが関係があるのでは、と言われています。

また、コーヒーに多く含まれるカフェインは、同じカフェインを含む紅茶などを飲んでも痛風の発生リスクには関係しないことや、カフェインレスコーヒーを飲んでいる人たちにも痛風の発症率が低いことから、カフェインは痛風の症状には関係していないと考えられるそうです。

ボストン大学とハーバード・メディカルスクールによる9万人の女性看護師の食習慣と健康状態について、26年間追跡調査した結果も発表されていて、女性にも同じ傾向があることがわかっています。痛風とコーヒーの関係は、これからもっと詳しく明らかにされていくかも知れませんね。
posted by りりい at 10:00| Comment(0) | 痛風と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。